Autodesk® Civil 3D® 2022 日本仕様プログラム

Autodesk® Civil 3D® 2022 日本仕様プログラム

Subscription App
OS:
Language:

Description

Autodesk® Civil 3D® 2022 日本仕様プログラムは、Civil 3D 2022上で動作する日本仕様の図面作図に特化したプログラムです。

Civil 3D 2022 日本仕様プログラムでは、国総研交換標準(J-landXML)の下記の読み込み機能を強化しています。

 -J-landXMLの垂直な面をもつサーフェスデータを読み込み正しく表現できるようになりました。

 -J-landXMLの中間点情報をポイントデータに格納するようにしました。

 -国総研交換標準サブアセンブリ:車道の拡幅に対応しました。重力式擁壁を追加しました。

国総研交換標準サブアセンブリは、プログラムインストール後、C:\ProgramData\Autodesk\C3D 2022\jpn\Imported Tools のフォルダに格納されています。

サブアセンブリはAutodesk Subassembly Composer 2022で編集することが可能です。編集するにはこちらのドキュメントを参照してください。 

「Subassembly Composer用のサンプルPKTファイル」

 国総研交換標準サブアセンブリのリファレンスマニュアルは下記よりダウンロードできます。

https://autode.sk/3xeviqD

 

 

このプログラムを利用すると、日本の設計図書作成の効率化が図れるだけでなく、日本固有のファイル形式の読み込み/書き出しができます。
ぜひご活用ください。

 

Civil 3D 2022 日本仕様プログラムは製品には同梱しておりません。

Civil 3D 日本仕様は、Civil 3Dの有効な契約を持つユーザ様への特典として提供させていただいております。ダウンロードには Civil 3D、Autodesk Infrastructure Design Suite Premium または Ultimate、AEC Collectionの約とAutodesk IDが必要になりますのでご注意ください。

注:このアプリは、カスタムインストーラを使用しています。標準App Storeのインストーラではありません。

About This Version

Version Ver 022.007.00000, 11/8/2021
Version Numberは、アプリケーションの追加と削除から「Civil 3D 2022 日本仕様」を選択すると表示されます。 2022/10/14 Civil 3D 2022 日本仕様プログラム Ver 022.007.00000 リリース

Screenshots and Videos


Customer Reviews

0 review
Get Technical Help
Go top