Refactoring Tool

Refactoring Tool

Win64, 日本語

Freeradical
これは、Autodesk® Inventor®の付属ツールであるDesign Assistantと同等の機能を実現し、ユーザーインターフェースとしてMicrosoft® Excel®を使うツールです。 変更するファイル名と部品番号をスプレッドシートで入力するので、多くの場面でDesign Assistantより作業が効率的です。 また、孤立ファイルの削除などの独自機能もあります。

一般的な使用手順

  1. RefactoringToolを実行します。
  2. 名前の変更や、置換するドキュメントを参照しているファイル(一般的には、トップアセンブリドキュメントです)を、対象ファイルに指定してください。
  3. 実行したい操作(ファイル名を変更/参照を置換/孤立ファイルを削除)を選んでください。
  4. 必要に応じ、オプションのチェックボックスをオン/オフしてください。
  5. 開始ボタンを押すと、関連するファイル一覧がExcelシートで表示されます。
  6. 変更内容をシートに記載し、保存終了すると、シートの内容に従ってファイル操作を実行します。
  7. 処理経過やエラー内容は、メッセージ・ログに表示されます。

スクリーンショット

コマンド

インストール/アンインストール

インストーラをダウンロードして実行すると、デスクトップにアイコンが作成されます。 デスクトップ上のアイコンをダブルクリックすると、プログラムが実行されます。
システムから他のアプリケーションをアンインストールする場合と同様に、「プログラムの追加と削除」からアンインストールできます。
インストール時にWindowsのSmart Screenが反応する場合は、インストーラーファイルのプロパティーを開いて、全般タブにあるセキュリティを許可するチェックボックスをチェックしてください。
サブスクリプション権限を有効にするには、Inventorを実行して、アドイン"RefactoringToolLicenseUpdater"をロードしてください。このアドインは、およそ30日ごとに通信して権限を確認します。

追加情報

既知の問題

モデル状態を含むドキュメントのパーツ番号は変更できません。

問い合わせ

会社名: Freeradical
サポートの連絡先: swdev@freeradical.jp

作成者/会社情報

Freeradical

サポート情報

メールにて問い合わせを受け付けます。

swdev@freeradical.jp

 

バージョン履歴

バージョン番号 バージョンの説明

0.21.0419.0

モデル状態を含むドキュメントのパーツ番号を変更しようとすると警告を表示します。

0.21.0404.0

Inventor 2020に対応。

0.20.0515.0

初回リリース。
先頭に移動