OS:
言語:

説明

5つのコマンドがあります。

(1) 軸方向拘束コマンド
直線や点に、水平または垂直拘束を設定します。
拘束の種類は自動判別されます。

(2) 平行/直交拘束コマンド
直線に、平行または直行拘束を設定します。
拘束の種類は自動判別されます。

(3) 他のスケッチを非表示コマンド
編集中以外の全てのスケッチと、全ての作業フィーチャーを非表示にします。
スケッチ環境を終了すると、表示状態は復元されます。

(4) 直線上中心点コマンド
参照線上に点を配置して、参照点と垂直もしくは水平拘束を追加します。

(5) チェーン選択コマンド
連続したスケッチ要素を、まとめて選択します。

ヘルプ ドキュメントを読む

このバージョンについて

バージョン 0.19.0815.0, 2019/08/22
1つの新コマンドを追加。 直線上中心点コマンドにおいて、コントロールキーを押しながら他のスケッチの点をクリックすると、自動投影します。

スクリーンショットとビデオ


カスタマ レビュー

(0 件のレビュー)

|

テクニカル ヘルプを表示
先頭に移動