レブロリンク2019 - RebroLink2019

レブロリンク2019 - RebroLink2019

Win64, 日本語

株式会社 NYKシステムズ
「レブロリンク2019」は、Autodesk® Revit®と、建築設備CAD「Rebro(レブロ)」の図面を専用ファイルで属性を維持したまま受け渡しが行える、Revit 2019 のアドインです。

一般的な使用手順

[Revit → レブロ の受け渡し]
1.Autodesk App Storeよりアドイン「レブロリンク2019」をダウンロードし、Revit 2019にインストールします。
2.Revit 2019でモデルを開き、追加したアドインから[レブロ出力]を行うと、専用ファイル(*.RebroLinkFromRevit)が作成されます。
3.レブロに「Revit連携」アドインをセットアップします。
4.追加された[Revit入力]コマンドで専用ファイル(*.RebroLinkFromRevit)を開きます。

[レブロ → Revit の受け渡し]
1.レブロに「Revit連携」アドインをセットアップします。
2.追加された[Revit出力]コマンドで専用ファイル(*.RebroLinkToRevit)を保存します。
3.Autodesk App Storeよりアドイン「レブロリンク2018」をダウンロードし、Revit 2019にインストールします。
4.Revit 2019でモデルを開く、もしくは新規プロジェクトを作成し、追加したアドインから[レブロ入力]で専用ファイル(*.RebroLinkToRevit)を開きます。

スクリーンショット

コマンド

インストール/アンインストール

インストール
Autodesk App Storeからダウンロードしたファイルを実行します。

アンインストール
コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から行ってください。 

追加情報

既知の問題

問い合わせ

会社名: 株式会社 NYKシステムズ
サポートの連絡先: support@nyk-systems.co.jp

作成者/会社情報

株式会社 NYKシステムズ

サポート情報

操作方法やご不明な点はメールでお問い合わせ下さい。

support@nyk-systems.co.jp

バージョン履歴

バージョン番号 バージョンの説明

3.2.1.0

Revit側 Autodesk Revit® 2019 ※Autodesk Revit® LTでは動作いたしません。 レブロ側 レブロ→Revit Rebro® 2017(Rev.4) 以降 Revit→レブロ Rebro® 2018 SP1 (Rev.1) 以降 [レブロ出力]を実行すると、プロジェクトにリンクしている中央モデルが、借用状態になる不具合を修正しました。

3.2.0.0

Revit側 Autodesk Revit® 2019 ※Autodesk Revit® LTでは動作いたしません。 レブロ側 レブロ→Revit Rebro® 2017(Rev.4) 以降 Revit→レブロ Rebro® 2018 SP1 (Rev.1) 以降 [レブロ入力 (レブロ→Revit)] ・壁付きの器具など、側面に拘束している要素が正しい高さで入力されない不具合を修正しました。 ・「設備属性化マッピング設定」の「部材(機器・器具、継手、付属品)」で、継手や弁類など機器以外の部材に対してカテゴリが選択できる不具合を修正しました。 ・機器・器具を自動生成で読み込んだ際、形状の一部を欠いたファミリが生成される場合がある不具合を修正しました。 [レブロ出力 (Revit→レブロ)] ・スペース、HVACゾーン、エリアを出力できるようにしました。 ・壁のくぼみが開口として出力される不具合を修正しました。 ・Revitリンクで、存在しないプロジェクトファイルを参照している場合、レブロ出力できない不具合を修正しました。

3.1.0.0

Revit側 Autodesk Revit® 2019 ※Autodesk Revit® LTでは動作いたしません。 レブロ側 レブロ→Revit Rebro® 2017(Rev.4)以降 Revit→レブロ Rebro® 2018以降 [レブロ入力 (レブロ→Revit)] ・壁付きの器具など、側面に拘束している要素が正しい高さで入力されない不具合を修正しました。 ・「設備属性化マッピング設定」の「部材(機器・器具、継手、付属品)」で、継手や弁類など機器以外の部材に対してカテゴリが選択できる不具合を修正しました。 ・機器・器具を自動生成で読み込んだ際、形状の一部を欠いたファミリが生成される場合がある不具合を修正しました。 [レブロ出力 (Revit→レブロ)] ・スペース、HVACゾーン、エリアを出力できるようにしました。 ・壁のくぼみが開口として出力される不具合を修正しました。 ・Revitリンクで、存在しないプロジェクトファイルを参照している場合、レブロ出力できない不具合を修正しました。
先頭に移動