レブロリンク2018  - RebroLink2018

レブロリンク2018 - RebroLink2018

株式会社 NYKシステムズ

Digitally signed app

無料

OS:
言語:

説明

本製品は、Autodesk® Revit®と建築設備CAD「Rebro(レブロ)」(以下 レブロ)の図面を専用ファイルで属性を維持したまま受け渡しが行える、Revit 2018 のアドインです。
レブロで作図した、設備要素をRevitで入力したり、Revitで作図した建築躯体や設備要素を、レブロに出力したりできます。

レブロ ⇒ Revit
レブロで作成した設備の、配管、ダクト、電気(3D)、機器を、属性付きでRevitに受け渡すことができます。

Revit ⇒ レブロ
Revitで作成した意匠・構造の建築情報、設備情報を、属性付きでレブロに受け渡すことができます。

レブロリンクでは、入力用(*.RebroLinkToRevit)、出力用 (*.RebroLinkFromRevit) のファイルが使用され、Revitとレブロの間でデータ連携を行うための専用形式であり、コンパクトなファイルサイズで、多くの属性情報を出力できます。Revitで読み込み後、集計、編集が行えたり、レブロで読み込み後、図面の追加作図や干渉検査、配管抵抗計算や圧力損失計算が行えたり様々なコマンドを利用することができます。

ヘルプ ドキュメントを読む

このバージョンについて

バージョン 3.1.0.0, 2018/08/03
Revit側 Autodesk Revit® 2018 ※Autodesk Revit® LTでは動作いたしません。 レブロ側 レブロ→Revit Rebro® 2017(Rev.4)以降 Revit→レブロ Rebro® 2018以降 [レブロ入力 (レブロ→Revit)] ・壁付きの器具など、側面に拘束している要素が正しい高さで入力されない不具合を修正しました。 ・「設備属性化マッピング設定」の「部材(機器・器具、継手、付属品)」で、継手や弁類など機器以外の部材に対してカテゴリが選択できる不具合を修正しました。 ・機器・器具を自動生成で読み込んだ際、形状の一部を欠いたファミリが生成される場合がある不具合を修正しました。 [レブロ出力 (Revit→レブロ)] ・スペース、HVACゾーン、エリアを出力できるようにしました。 ・壁のくぼみが開口として出力される不具合を修正しました。 ・Revitリンクで、存在しないプロジェクトファイルを参照している場合、レブロ出力できない不具合を修正しました。

スクリーンショットとビデオ


カスタマ レビュー

(0 件のレビュー)

|

テクニカル ヘルプを表示
先頭に移動