REX J for Architecture 2020
Subscription アプリケーション
OS:
言語:

説明

REX J for Architecture 2020(旧称:Japan Standard Extension)は、

日本独自ツールとして Autodesk® Revit® User Group( RUG)がアンケートを取り、

リクエストの多かった機能向上に沿って開発されたツールです。

主に設計図書作成機能向けに開発を行っております。

同梱されているテンプレートを参考に独自のフォーマットに簡単に対応が可能です。

本バージョンより、「Japan Standard Extension」から「REX J for Architecture」と名称変更致しました。

2020バージョンより構造機能、設備機能が多く追加され、意匠用ツール・構造用ツール・設備用ツールと各設計用途毎に

ツールを分割しました。

フカシツール概要:

Revit RC造、SRC造での「フカシ」(増し打ちコンクリート)の生成を行うためのアドイン機能です。

このアドインでは、面や島(隙間)を指定し、その隙間を埋める「フカシ」を生成します。

マニュアル、サンプルファイルは、インストール後下記フォルダ内に配置されます。

C:\ProgramData\Autodesk\ApplicationPlugins\REXJ_RAC2020.bundle\Contents\Fukashi\Resources\FukashiExtension_Manual.pdf

 

REX J for Architectureは、Revit2020及び、Revit LT 2020 で利用が可能です。
フカシツールは、Revit2020のみ利用可能です。LT版にはインストールされませんのでご注意ください。

このバージョンについて

バージョン 20.0.0.2, 2021/09/13
今回のバージョンでは下記の不具合を修正しました。 ①結合順位調整コマンドでエラー(2020/2/21ご報告)  天井を含んだグループを順位調整の対象とするとエラーが発生する ②建具コマンドでエラー(2020/3/9ご報告)  特定のRevitテンプレートを使用すると姿図レイアウトコマンドでエラーが発生する

スクリーンショットとビデオ


カスタマ レビュー

1 件のレビュー
テクニカル ヘルプを表示
  • 良くなりました。
    YSZW-LINH (趙鈴) | 3月 24, 2021

    ありがとうございます。

先頭に移動