OS:
言語:

説明

Helios Link 2022」は、Autodesk® Revit® 2022 から建築数量積算・見積書作成システム「NCS/HELIOS(ヘリオス)」へデータ連携を行うアドインソフトです。Revitで作成したモデルデータをヘリオスのローカルファイルであるTSVファイルとして出力します。このTSVファイルはヘリオス(HELIOS2022以上)で読込むことが可能です。

--------------------------------------------------------------

効率的なダイレクト連携

この連携は、国際規約に縛られたIFCを使わず、ヘリオスのローカルファイルで実現させたことによって、従来2段階であった変換回数を1段階へと削減し、より精度の高い連携が図れます。また、ヘリオスに必要な最小限の情報に絞り込むことから、より効率的な連携となり、連携時間の大幅な短縮化・スムーズな業務連携へ繋がることが期待できます。

--------------------------------------------------------------

連携対象オブジェクト

この連携の対象オブジェクトとしては、「柱」「梁(構造フレーム)」「独立基礎」「ブレース」「壁」「床」「部屋」「ドア」「窓」「カーテンウォール」「開口」となります。更に建物情報として、プロジェクト名(⇒物件名)、レベル(⇒階)、通芯(⇒通り芯)も取込み可能です。

柱・梁・独立基礎オブジェクトの各寸法は、ユーザー指定のパラメータから受け取ります。また、各オブジェクトの属性(RC or S)、および形状タイプ(矩形 or 円形)も、それぞれが保有するパラメータで判断します。例えば、X・Y寸法にあたるパラメータが存在すれば矩形、直径にあたるパラメータが存在すれば円形と判断されます。更に、梁の種別(小梁や基礎梁など)、床の種別(床版や土間など)は、そのオブジェクトに付けられた符号によって判別されます。

--------------------------------------------------------------

その他、受け取れる情報

その他、受け取れる情報として、仕上に関して、各部屋に保有しているユーザー指定のパラメータから、床、巾木、壁、天井、廻縁の5種類の仕上を、最大10層分まで取り込むことが可能です。更には、壁のマテリアル情報から、壁面ごとの仕上も受け取れます。

以上の情報から、ヘリオスの積算機能を使って、数量、更には金額まで算出し、見積書を作成することができます。

このバージョンについて

バージョン 1.3.0, 2022/09/02
Ver 1.0 (2022/3/23)  最初のリリース。 Ver 1.1 (2022/4/6)  「SS3Link」「STBridgeLink」によってブレースを取り込んだ時、そのブレースを変換できない場合がある現象を修正しました。  重ね壁が配置されていると、出力時に「配置情報の出力に失敗しました」とエラーが出る場合がある現象を修正しました。  マッピングテーブル使用時において、鉄骨柱の溝形が平鋼として変換されてしまう現象を修正しました。 Ver 1.2 (2022/7/14)  ブレース山形鋼が正しく変換されない場合がある現象を修正しました。  出力にかかった時間を表示させられるよう対応しました。  重ね壁においてタイプ名から取得する設定にされていると、重ね壁そのもののタイプ名を正しく取得できない現象を修正しました。 Ver 1.3 (2022/8/25)  鉄骨部材を連携させると、その躯体個別の符号名が空になる場合がある現象を修正しました。  梁の「Z位置合わせ」で「基準」を使用している場合、その基準が梁の中心を意味しているのか、梁の上端を意味しているのか、選択できるよう対応しました。  曲線を含んだ部屋の形状において、その曲線が曲と判断できないくらい微小なものであった場合、外部コマンドのエラーが出て出力できない現象を修正しました。


スクリーンショットとビデオ


カスタマ レビュー

0 件のレビュー
テクニカル ヘルプを表示
先頭に移動